はじめての方・実施をお考えの方へ

お金の基礎を知って、将来を考えるきっかけをつくる。

就学、就労、職業訓練のいずれも行っていない「無業状態」にある若者(15~39歳)が、2017年で71万人にも上ると言われ、社会問題となっています。(内閣府 平成30年度版「子供・若者白書」)

無業状態に陥る原因の一つに「お金に関する正しい知識や金銭感覚の欠如」があることに着目し、認定NPO法人 育て上げネットと株式会社新生銀行が協働で、日本初の無業化予防を目的とした「金銭基礎教育プログラム」を開発しました。

高校生が、生きていくために必要となるお金について考え、多様化する雇用形態や、働き方による生活スタイルの違いを知り、より長期的な視野で「お金」と「仕事」について考える機会を提供します。

対象 主に高校生
プログラム プログラム1「稼ぐ」編/プログラム2「使う」編の2プログラム
実施エリア 全国
時間 1プログラム50分(定時制45~60分)
プログラム進行 認定講座を受講したファシリテーターが担当
実施体制 原則1クラス2名体制で実施(1クラス20名以上の場合)
実施実績 1,017校、131,226名の生徒にプログラムを実施(2018年12月31日現在)

平成27年3⽉20⽇付 都政新報にMoneyConnection®の記事が掲載!

職業意識の涵養、高校中退防止、さらに進路未決定者を減らすための取り組みとして、学校とその外部の連携による体系的なキャリア教育が東京都内で行われています。学校、行政、民間による協働の新しい動きですが、そのプログラムの一環として、MoneyConnection®をご活用いただきました。

記事をPDFファイルで見る

※記事の著作権は発行社が所有し、記事の掲載にあたっては、発行社の使用許諾 を得ております。無断転載はご遠慮願います。

全国で13万人の生徒が受講しました!

北海道から沖縄まで、全国各地の学校でプログラムを実施しています。また、プログラムは1コマ50分(45分)の授業内で実施できる内容となっており、進路指導や総合的な学習の時間だけではなく、家庭科や社会科の時間に組み込むことも可能です。
実施方法についても、学校事情に合わせて、クラス別実施、複数クラス合同実施など、ご相談いただけます。また、授業時間についてもご相談させていただきます。

●プログラムに参加した生徒・先生の感想・評価

プログラムを受講した生徒からは以下のような声が聞かれました。

一方、担任や担当教諭から以下のような評価をいただいています。

2006年にプログラムの実施を開始して以来、12年間で全国約1,000校の高校などでプログラムを実施し、約13万人の高校生などが受講しました。
また2011年にはMoneyConnection®の取り組みが、経済産業省主催「第1回キャリア教育アワード」優秀賞受賞という形でも評価されています。

MoneyConnection®の実施風景

経済産業省主催「第1回キャリア教育アワード」優秀賞受賞