MoneyConnection(R)について

MoneyConnection®がめざすものとは、 自分の将来を選ぶことの大切さと、楽しさを伝えること。

お金の基礎を知ることで、将来が広がっていく。

現在、ニート状態にある方の事例からその原因を探ると、大きく二つの理由があります。

一つは「やりたいことがない」「やりたいことが分からない」ことから将来を選択することができず、結果的にニート状態になってしまったケースです。将来を選択するのは、保護者でも先生でもない自分自身であること。そして自分の将来を選ぶための「選択基準」を見つけるためには、自ら積極的に情報収集することが大切であることを自覚できなかったことが原因の一つ。

日本の道徳教育の中で「金銭教育」はタブー視されてきましたが、「お金」は将来を選ぶための大切な一つの要素であることは事実です。「お金」と「将来」の関わりを正しく知り、自分の選択肢を知ることで、「ニート状態しか選択肢がない」という状態を予防することができるのです。

リアルな金銭感覚が、将来の選択肢を広げる。

ニート状態になってしまう二つ目の原因は、「進学したかったがお金がなくて無理だった」など、「金銭的なトラブルによる絶望」を感じたことです。

「やりたいことがあるのにできない」だから「もう何もしたくない」という状態を作る原因は、「リアルな金銭感覚」の欠如。「やりたいことをする(進路選択をする)にはお金がかかる」「生きていくにはお金がかかる」というあたり前のことを理解させることが大切です。お金で挫折しない、金銭的な側面を理解した上で進路選択をさせることが、「絶望からニート状態になる」という状態を防ぐことができるのです。

リアルな金銭感覚が、将来の選択肢を広げる。

「お金」は人と人の信頼関係によってはじめて流通するものです。つまりお金は、信頼のツールであり、人間関係であり、社会とのつながりでもあります。

一方、ニート状態は「社会との接し方」がうまくできないために、社会的に孤立している状態です。

お金の本質を知ることで、社会はおもしろいと感じてもらう。それが「社会との接し方」を理解するための第一歩であり、社会からの孤立=ニート状態を防ぐことにつながると私たちは信じています。

資料請求、お問い合わせはこちらから